0ing

アクセスカウンタ

zoom RSS 「四つの約束」

<<   作成日時 : 2008/09/16 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、本棚の整理整頓をしていて、

四つの約束
(The four agreements-A Practical Guide to Personal Freedom)
という本を見つけました。

この本を手に入れた頃は、ちょうどスピリチュアルワールドに足を一歩、
踏み入れようかどうか考えていた時期でした。

そんな時期に、この本に出会えてとても良かったと思います。

今回、この本を再読する機会に恵まれたので、ここで内容の一部を
紹介してみたいと思います。

本には、シンプルな「四つの約束」についての説明が書いてあります。


その四つの約束とは、


  最初の約束---正しい言葉を使うこと

  第二の約束---なにごとも個人的に受け取らないこと

  第三の約束---思い込みをしないこと

  第四の約束---つねにベストを尽くすこと


この中で、私がいつも「注意しないと!」と思い、気をつけている約束は、
最初の約束 です。


最初の約束について、本の中の文章を少し抜き出してみると、


 ...最初の約束は、最も大切であり、また最も守るのが難しい。
 これを守るだけで、地上の天国へ超越できるほど、この約束は重要である。


 ... ここで正しい(impeccable)とは、どのような意味か見てみよう。
 正しい、ということは、罪がないということである。


 ...罪とは何かについてはっきりさせておきたい。
 
 罪とは、自分が自分に対して背くようなおこないのすべてである。
 
 あなたが感じること、信じること、話すこと--なんでも、あなたに背くならば、
 それは罪である。
 
 あなたは、自分自身を裁いたり、非難したり、自分自身に罪をきせたりする。
 それは、あなたに背くことである。

 正しい、ということは、罪がないということである。

 それは、自分に対して背かない、ということである。


 ...自分の言葉に罪がない、とは自分に背いた言葉を使わない、ということ
 である。

 ...これが最初に自分と結ぶべき約束である。



そして、本には「約束」を守れない時のことについても、ちゃんと書かれています。

  
  ...失敗しても、自分を裁いてはいけない。
  
  ...もう一度自分と約束するのだ。
  
  ...約束を破ったら、またその次の日、またその次の日にはじめればよい。
  
  最初は確かに難しい。
  
  しかし、日が経つにつれて易しくなっていく。



正しい、正しくない、という考え方はスピリチュアルには必要ないとも思いますが、
でも、この本を購入した時には、そんな考え方にキチントと染まって生活をして
いたので、そこから視点を変えていくための一つの方法としては、この本は
分かりやすくて良かったです。


インターネットの検索機能をよく使っているので、沢山の言葉=情報に
出会います。時にはちょっとした言葉に、自分の感情が反応してしまい、自分の
未熟さを感じる時があるのですが、もしかすると、この四つの約束をちゃんと
心がけていれば、どんな言葉に出会っても、いつも自分らしさを保てるのかも
しれない.....そんな気がしました。

再読できて良かったです。




四つの約束
コスモスライブラリー
ドン・ミゲル ルイス


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!お元気ですかー!!!
「自分の言葉に罪がない、とは自分に背いた言葉を使わない」について、私も最近とても気をつけていたので、驚きました。
そして、また、『言葉の概念』によって、同じ言葉でも受け取りかたが随分違う方たち、それにより傷ついている人々に触れる機会が多発し、言葉って・・・と思っていたところでした。また、約束の1を実践されている方が、間違った意味をもつ言葉を使っても、すぐ誤解だとわかるのも面白いなーとおもっていました。この本、読んでみます!
ふみ
2008/09/17 19:57
ふみさん

こんばんわ!
お久しぶりです☆
コメントありがとうございます。

ちょうど今、インターネット見てました。

ホント、言葉ってすごく強力に作用して
しまう時がありますよね。

この本、120ページしかないので、楽に
読みきってしまいますよ♪でも、考えれば
考えるほどに、深い意味ある本でした。

学校の推薦図書にこんな本があると
いいのに、と思いました。
十代の頃に読んでみたかったですね。
0ing
2008/09/17 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「四つの約束」 0ing/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる