シャスタ山のレンズ雲は...

ときどき、パラパラ~とランダムに読んでいる本にレンズ雲についての記述がありました。

以前、ネットニュースでレンズ雲が紹介されていたので、やはりあのレンズ雲はただの雲ではないのかもしれませんね。

本は、「ついに実現した地下存在との対話 」

本からの抜粋

ここには、化石燃料を利用した産業はありません。
実のところ、産業自体が存在しないのです。
私たちが必要とするすべてのものは、シャスタ山の頂で見られるレンズ状の雲としてカモフラージュされた、銀河連合の光の宇宙船(ライト・シップ)でもたらされます。


この本、去年買った本だと思っていたら、今年の3月に購入していたことが分かり、あれ?今年だったかしら???と変な気分でした。

参考に、レンズ雲の動画をどうぞ。




英語では、レンズ雲はlenticular cloudのようで、検索すると色んなレンズ雲が見つかり、楽しめました。

この記事へのコメント